「心を無にすれば全ては開ける」宮本 武蔵~言葉

心を無にすれば、全ては開ける
                  宮本 武蔵



二刀を用いることで有名な二天一流兵法の祖。

「心」と言うものは、人生の生き方としての傾向性。

過去から経験として学んできたことやDNAにも関係していることでしょう。
全ての自身の過去から引きずって来た現在の姿が、今の自分の全て。

今持っている、自分の実力以上の力を発揮するには。

心を無にすること。

曇りなく眼を開くことが出来るのは、心を無色透明にすること。

己の持つ力を無限に引き出すもの、心を無にして、
心を覆っているものを取り払って、その心の先にある、

神の持つ領域、生命に辿りつくことかもしれません。

それは、本来、全ての人に備わっている無限の力を引き出すことの出来る力。

その心を無にする方法とは?

これこそが最も難しいことかもしれない。

『名字の言』について~人生を確かに生きるひとしずく

人・言葉 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*