「あなたに罪はないの?」TVドラマ・岸辺のアルバム:心に残る言葉


「あなたに罪はないの?」

              ドラマ「岸辺のアルバム」 より 原作山田太一



家庭生活の崩壊で目覚める人間性を描いた:「岸辺のアルバム」

岸辺の一戸建てに暮らす家族、親子4人の家庭生活の崩壊を描いた小説。

過去にTVドラマで放映され、その後の続編が放送されていたように思います。

「あなたに罪はないの?」という台詞は、夫に対する妻の台詞でした。

仕事に没頭する余り、家庭のことを妻に押し付ける夫、物理的な子育てからも解放され、夫との間に溝を感じ、ふと心に隙間が空き、見知らぬ男との不倫に走る。


交際の認められない相手の子供を妊娠する姉、弟の浪人中の進路の悩みによる親子間に亀裂。
家族が、どんどんバラバラになって行く様子をリアルに描いていました。

そして、終盤、台風で、多摩川の増水により、家族の象徴的ともいえる自分達の「家」が飲み込まれ流されようとする時の夫婦間の台詞でした。


「俺にはこの家しかない、死んでもこの家を守る。」


「子供たちや、お前は、勝手にやっていくはずだ!」


こんな台詞の後に妻が、


「あなたに罪はないの?」・・・


とても重たく深い言葉でした。


「わたし一人が悪いの?」そんな風に聞こえます。


そして、最後に、


「寂しかったのよ・・・」


この言葉を聞けば、もうだれも責められないような気がしました。


家族が一つ屋根の下で一緒に生活して暮らしているのに、孤独に追いやられる暮らし。


そして、大切な家族の絆の象徴とも言うべき家は、河に流され、


最後に残ったものは、思いでの詰まった「アルバム」でした。


失うことによって本当に大切なものに気付けたのかもしれません。


「家族の写真」、それは思い出の絆。


家族は、一からやり直そうと決意しました。


何かとても身につまされる思いがして、とても共感しまし。


「家族の愛情」ほど、幸せに生きていける「信仰」はないのではないかと思います。


目に見える財産が全てなくなっても、絶対になくならないもの。

それは、家族の愛情。

こんな絶対的な確かな記憶が私にもあれば、今の私はどんなことも幸せに変えていける自信があります。


愛情という心の中の「アルバム」を増やしていきたいと思います。



【送料無料】岸辺のアルバム(1)
【送料無料】岸辺のアルバム(2)


岸辺のアルバム・あらすじ

東京郊外の多摩川べりに住む中流家庭。4人の家族はそれぞれ楽しそうに何不自由なく暮らしている。

この一家にちょっとした異変が起こった。

それは妻の則子(八千草薫)が一人の時に、しばしば不可解な電話がかかってきたことから始まった。

受話器から聞こえる男の声は、最初「家庭調査センター」と名乗って「奥さんは浮気をしていますか?」などと尋ねてきた。はじめのうちはガチャリと切っていた。

何回目かの電話で、男は「あなたを時々見かけている。

きれいで素敵だ」と口説いてきた。その声は、まるで悪魔のささやきのように則子の心に残ってしまった。

【出演】:八千草薫,杉浦直樹,中田喜子,国広富之,竹脇無我,




映画・音楽・書籍 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*