「まさか」を実現するための哲学


現実において、常にどんな時も前向きに生きることに価値のある心を働かせることの出来る生命。

心と生命が一つにつながることの出来る哲学。

己を高めることは、己の哲学にしたがって生きることを生命から心へ、心から生命への流れが止まることなく、現実の中で断ち切れずにつながっていること。

「まさか」を現実にすることの精神と心は、確かな哲学に基づく生命の発露から出たものの結果。

己の「まさか」を現実にするのは、己自身の生命の変革しかない。


2009年7月30日の今日の「名字の言」

ベートーベンの傑作の多くは、聴覚を失った後に作られたものだ。その一つ、ソナタ「ハンマークラビーア」は長大で、演奏が極めて難しいといわれる。この曲を、全盲の日本人ピアニストが先月、米国のコンクールで見事に奏でて優勝した。こうした報に触れると人間の限りない力に圧倒される。

山口県のある壮年部員は大病を患い、7年前、聴覚と両下肢の自由を失った。だが懸命に祈り、「何かで一番に!」と奮起。陸上競技に打ち込み、全国障害者スポーツ大会(砲丸投げ、ソフトボール投げ)で日本一に輝いた。彼の勝利に友人たちも沸いた。

自分が頑張れば周りも元気になる。努力の醍醐味を知り、学会活動にも全力で挑んだ。筆談、手話にも挑戦し、300人以上に仏法を語った。

その後、奇跡的に聴覚が戻った。本部幹部会(4月)の中継会場には目頭を押さえる彼の姿が。「もし耳が治ったら、一番に池田先生の声が聴きたい」との願いもかなったのである。

負けない信心、尊い友情、最高の師匠――そのありがたさを彼は痛感した。いずれも、苦闘の中でつかんだ「心の宝」。「悩みをつき抜けて歓喜に到れ!」(片山敏彦訳)とは、ベートーベンの魂の叫びだ。何があっても前へ進む日々でありたい。(誠)





信心 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*