全ての現象から己を語れる信仰心~過去・現在・未来の生き様


信仰とは、あらゆることを通して、己を語るということが大切なんだ。

私を語る。

私の中の信仰心を語る。

私という生き様を語る。

己の生き様を通して、己の信仰を語る。

一人の宗教とは、己の生き様そのもの。

何のための信仰なのか?己の信仰心を究極の哲学に高めるため。

己の宿命転換のため。己の自己確立のため。

そのために現実するための術がある。

同時に理想とすべき全てがある。

2009年7月31日の今日の「名字の言」

「青年の月」7月。各地の青年の活躍を耳にした。神奈川・横浜の男子部員の体験も、その一つ。彼は語っていた。「本当に不可能だと思える中を勝ち抜いてきた池田先生の大闘争。それを思えば、自分たちは絶対に負けられない!」。

30代で上場企業の役員に。だが突然の解雇。目の前が真っ暗になった。そんな折、名誉会長の青年時代の苦闘を本紙で目にした。以来、「断じて勝つ!」。懸命な唱題を重ね会社訪問を。目標の題目を達成した日、前の職場以上の好条件で再就職が決まった。

若き日の名誉会長は病弱な身体で、師の事業の再建と学会の組織拡大に死力を尽くした。「信心というのは、こういう試練を経なければいけないのです。社会の荒波を乗り越えなければならない。その目的のため、あらゆる苦労をしていった」と述懐する

1950年(昭和25年)8月。師の事業が業務停止のやむなきに至った当時の日記には、「苦闘の一か月であった」「生涯、今日の日より、苦しいことは、少ないことであろう」と綴られている。
「大きな苦しみは、魂をとてつもなく大きくする」(ユゴー)。苦境を勝ち越える中で、広布の大事業をも発展させてきた名誉会長。その闘争が、今も青年の原動力となっている。(薬)







信心 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*