苦しい時にこそ己の宇宙の法則を生命によって築き上げることができる


信仰心を己の生命の中に刻む闘いを、妙法哲学の名のもとに、題目と実践と経験を積める人こそ、自らが本物と名乗れるにふさわしい人材と呼べるのだ!

信仰者を騙る嘘と傲慢な人間には、「己こそは本物だ」などと、そんなことを語るのはいとも簡単に容易いことだろうが・・・。

知恵あるものは、本物と嘘と見抜くための、更なる己自身を本物に近づける魔との戦いが必要。

愚か者に振り回される、愚か者にだけは、なりたくはないものだ。

『本物』とは、苦しい状態であればあるほど不屈の闘争を繰り広げる人である。

苦しい時にこそ、妙法によって己の宇宙の法則を生命によって築き上げることの出来る人である。




悩み・迷い・苦しみ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント