窮地の時に発揮できる勇気と知恵

名字の言

人間の中の無限の知恵と能力は、窮地に陥ったときに底力が発揮されるもの。惰性と臆病の毎日を送る怠け者の人間には、決して発揮されることのない能力。

2009年8月10日:今日の「名字の言」

立秋(7日)が過ぎた。暦の上では秋だが、まだまだ暑く、豪雨、台風が多くなる季節である。ただでさえ不順な天候が続く本年、災害への注意、備えは欠かせない。

50年前の1959年(昭和34年)9月、伊勢湾台風は東海地方を中心に甚大な被害を与えた。池田名誉会長(当時・総務)は、東京の学会本部から名古屋へ駆け付け、最前線で救援活動の指揮を執った。この後、三重・四日市に向かおうとした。しかし、氾濫する河川が交通網を遮断。「これでは無理だ」。濁流を前に、皆が呆然とした。

名誉会長は違った。「大切な、わが同志がたくさん待っている!」と、愛知から岐阜を経由して一度、関西へ入り、そこから三重へと迂回。被災した友のもとへ急いだ。中部の同志は、どんな事態にも、必ず打開の道があることを教わった。

御書に「臆病にては叶うべからず」(1193ページ)と仰せである。日蓮大聖人は、苦難に立ち向かう四条金吾に対して、強盛な祈りで勇気と智慧をわき起こせば、いかなる状況も打破できると激励された。

難局を勝ち越えるには、“もう駄目だ”との諦めを打ち破り、“絶対に突破口は開ける!”と前に踏み出すことだ。その勇気の一歩は、必ず「勝利の峰」へと続いている。(弘)

【聖教新聞】 「名字の言」より


【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*