ネットのランク付けを崇拝する信仰者


ネットの中に存在するブログに関する「ランキング」というものの位置づけ。

「ランキング」を利用するものの目的とは何か?

ランキングを利用する者たちの双方の思惑。

そこにあるものは「利害の一致」と「アクセス」。

テレビの視聴率と同じ。「ランキング」と「アクセス」でそのサイトの価値を判断する一つの方法。表面的な人気サイトを自然発生的、また、人為的、作為的にも作ることが出来るシステム。

個人サイトは、そのランキングやアクセスで己の書いた記事の苦労を癒される自己満足に浸れ、商用サイトには、そのランキングをあげることでアクセスに広告収入が入る。

サーバーである運営者側は、システムを無料で提供し、利用者らが、必至でランキングサイトを盛り上げてくれれば、メンテナンスさえ行えば、グーグルなどの広告会社が高額な報酬をランキングサイト運営者に支払ってくれる。

わたし達は、利用されているのだ。

そして、それを知りながら、利用している。

愚か者は、知らずに利用され続け、大切なものを無料と引き換えに搾取される。

全て、ネット社会は利害関係によって成立している。

それでいい。

世の中の多くの「無償」という言葉に、その代償を求めない「無償」など存在しないことは解っている。

しかし、こと「宗教と信仰」にこだわる人間が、ランキングの上下や、今日、一日のアクセスに一喜一憂することのなんと浅墓なことか。

目的が浅墓で愚かなことと承知の上のことならまだ良かろう。

己の価値が、そのような数字一つの上下で、一日の訪問者数で、決まるなら「宗教と信仰」について、説教をのたまう人間の己らの汚さをそのランキングを通して知ることになれば、ランキングの存在も無駄にはならないだろう。

人間主義に生きるなら、数字という結果による世の中のランキングや序列社会を信仰崇拝するその汚い本性を隠すための正義面をして、信仰を語る愚かさと恥を知れ!

ランキングで、大切な価値を計りたいのなら、せいぜい人間を利用すればよい。

世の中の人間が作った最新のシステムを集めまくればよい。

正義と不正が混在する世界で、不正が不正をを増幅させる世界で、本当の価値を見抜ける人間など如何程のものだろうか?

形式主義の人間が、数の理論が世の中を表わす理論とするならそれでよい。しかし、卑しくも信仰者のはしくれを名乗るのであれば、そのような数字をひけらかす者は、己の信仰者としての低さを悟るべきであろう。

人間とは、どこまでも巧妙に、卑しき下劣な生き物であるという業。

どこまでも、知らず知らずの内に、人間を狂わせようとする信仰者の中に、うごめく魔。



創価 | Trackback:(0) | Comments:(4) |-
コメント
neo.zeroさん、こんばんは。
neo.zeroさんは分かってらっしゃると思いますが、
ランキングについて「も」下記の考えをする人ばかりでは無いと思います。
人の価値観は、多角的かつ角度も人それぞれ違いますから…。
それに、この世の中、捨てたものでは無いから。

neo.zeroさんの記事更新を、拝見させて頂いております。
暑さが残る季節、お身体ご自愛下さいませ。


>ランキングを利用する者たちの双方の思惑。
そこにあるものは「利害の一致」と「アクセス」。
テレビの視聴率と同じ。「ランキング」と「アクセス」でそのサイトの価値を判断する一つの方法。

>個人サイトは、そのランキングやアクセスで己の書いた記事の苦労を癒される自己満足に浸れ、
>>世の中の多くの「無償」という言葉に、その代償を求めない「無償」など存在しない。
2009-08-22 土  00:37:48 |  URL | 凰陣 #2sQQXnjA [編集]
> neo.zeroさん、こんばんは。
> neo.zeroさんは分かってらっしゃると思いますが、
> ランキングについて「も」下記の考えをする人ばかりでは無いと思います。
> 人の価値観は、多角的かつ角度も人それぞれ違いますから…。
> それに、この世の中、捨てたものでは無いから。
>
> neo.zeroさんの記事更新を、拝見させて頂いております。
> 暑さが残る季節、お身体ご自愛下さいませ。

おはようございます。確かにおっしゃるとおりです。様々な宗教や信仰活動をしている方の中のごく一部だけで判断している私の穿った見方なのかもしれません。私自信を含め何かを感じていただければと思いました。

ただ、宗教や信仰に関わることに、全ての意味でランク付けをすることは馴染まみません。また、そのような世界では、本当に伝えたいことの価値を、伝わりにくくなるようにしているようにも感じます。
2009-08-22 土  10:31:44 |  URL | ネオ・ゼロ #- [編集]
>様々な宗教や信仰活動をしている方の中のごく一部だけで判断している
>見方なのかもしれません。
>私自信を含め何かを感じていただければと思いました。
>ただ、宗教や信仰に関わることに、全ての意味でランク付けをすることは馴染まみません。また、そのような世界では、本当に伝えたいことの価値を、伝わりにくくなるようにしているようにも感じます。

● neo.zeroさん、こんにちは。
neo.zeroさんの感じ方からの返信ありがとう。
確かにランキングはランク付けのもの…になりがちでしょうが、登録している人全てがランキングに重きをおいたり、ランク付け目的とは限らない人もいると、私個人は感じているのでコメントしました。
ひとりひとりが「多面体的な事象や物事」を見る角度が違うから、neo.zeroさんと同じ考え方も有り、と思った上で。

返信ありがとうございました。
2009-08-23 日  10:25:57 |  URL | 凰陣 #2sQQXnjA [編集]
> ● neo.zeroさん、こんにちは。
> neo.zeroさんの感じ方からの返信ありがとう。
> 確かにランキングはランク付けのもの…になりがちでしょうが、登録している人全てがランキングに重きをおいたり、ランク付け目的とは限らない人もいると、私個人は感じているのでコメントしました。
> ひとりひとりが「多面体的な事象や物事」を見る角度が違うから、neo.zeroさんと同じ考え方も有り、と思った上で。
>
> 返信ありがとうございました。

こんにちは。

先日のご指摘の記事の内容は、一部の世界の答えであります。それは人間という己自身の恥をさらしているのです。

自身の未熟を感じることの出来るコメントを頂戴することはとてもありがたいことだと感じます。もっと、もっと、己の恥をさらけ出して生きてゆきたいと思っていますので、また、よろしくお願いいたします。
2009-08-23 日  12:36:36 |  URL | ネオ・ゼロ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*