対物性愛者>フェティシズムの究極の形

世界に一冊のメモ帳


対物性愛者。

私の彼は物。


物は、物であって物も、物でない。

人間は、人間であって人間でない。



究極の生命。

宿命。

お前の目に映るものは、

お前の生命のをそのまま映し出す。



過去の宿業、宿命。

幸せと感じるか、不幸と感じるか。

それはおまえ自身。


エッフェル塔と結婚を誓う。

対物性愛者


過去の記憶。

虐待。

与えられることの無かった愛情の芽生える瞬間。


苦しみの果ての愛情の発露。


己の宿業を辿ることの無い幸せ。



人に愛情を感じないことが不幸だろうか?

物に愛情を感じることが不幸だろうか?


お前の中に、絶対的な世界を持つのならば、不幸も幸せも無い。

自然な生き方。


不幸も幸せも無い。

不幸な人間が、不幸と決めるだけ。

幸せな人間が、幸せときめるだけ。


異常なる愛?

究極の愛の形?


物にとらわれるフェティシズム。

人間からの逃避?

『名字の言』について~人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*