潔癖症:「癖(へき)」が「症」になる心の「壁(へき)」


明石家さんまさんが、番組に加わるとその番組の格が上がる。

「コーン!」と。

明石家さんまの「さんま」にかけて、「明石家サンタ」。

   【明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2009 】

       2009年、12月25日 0:35~2:35分


さすが、アインシュタイン並のIQを持つ(?)明石家さんまさん。

現実の一歩、未来を生きている?
完成されている世界を再現するだけのその装置はどこから来ているのだろう?

明石家さんまさん=笑い。

お笑いの神様、モンスター。

その明石家さんまさんの「踊る!さんま御殿!」で、
俳優 坂上忍さんの潔癖症について放送されていました。

この方の潔癖症については、とても有名。

その中の1つの彼の過去のエピソードとして、

母親が炊いたご飯。
そのご飯が、三日も過ぎて、黄色くなるまで温めて続けてあるのに、
そのご飯を母と兄弟は、何も気にせず食べている。

その時に、こんな母親と兄弟を理解できない自分がいる。
当時から、そんな潔癖の片鱗(?)とでも言うべき、そんな心の中で馴染めないようなことを言っておられました。

潔癖。

その潔癖と言うものが、どこから来るのか?

心と精神?

「潔癖」から「潔癖症」。

それは病。

「癖」が「病」に変わる。

病気。

「病は、気から」なんて言います。

「気は心」ともいいますから。


やっぱり、心と精神から来る?

「癖」は、病気の前兆、種とも言える。


癖のある人は、既に「病」の「気」を持っている?

「癖(へき)」は、「壁(へき)」に通じる。

越えられない「壁」を越えれなかった【もの】の病の「垢」=「菌」?


まあ、精神科医にでも尋ねてみれば、正常な人間として常識的で、
納得せざるお得ないお答えがきちんと返ってくるのでしょうけどね。


しかし、本質的に「癖」と言うものは、もっと別なところからやって来ているものでは?

どっか、遠いところから。

どっか、近いところから。

でも、あそこまで、個性がきついと、もう、1つの「宗教」。

「マイ宗教」に対して、「ユア宗教」?。

でも、幸せならそれでいいじゃあないですか?

「だって、自分の宗教だもの。」

「だって、教祖様だもの。」

※警告:あまり、相田 みつおさんの言葉をパロディー化して多用しては、いけません!

使えるのは、3回まで!」

すいません(^^ゞ




生きているだけで丸儲け | Trackback:(0) | Comments:(3) |-
コメント
neo zeroさん、こんにちは。
私のコメントの認証その他は、neo zeroさんにお任せします。
だから私はこちらでのいつもの投稿スタイルのまま、オープン形式のコメントで投稿したんです。
私に迷惑等は一切ありません。

返信を拝見しました。
お心遣い感謝致します。

ネット上でのやりとりは、意見交換すればする程・解離するか親近するか…両極端な面もある空間ですが、今後共よろしくお願い致します。
末広がりの「八に価値を足したものが九」でもありますね。良い年末を過ごされ、更なる加福の新年をお迎え下さい。
2009-12-30 水  11:54:44 |  URL | 凰陣 #kVP5JqGo [編集]
Re:
>neo zeroさん、こんにちは

では、ここは、お互い様ということでよろしくお願いします。

良いお年をお迎えくださいませ。(^^)
2009-12-31 木  01:03:36 |  URL | ネオ・ゼロ #- [編集]
neo zeroさん、こんばんは。

>お互い様

■ ん?
元々から何か問題になるような事は無かったのでご懸念無く。(^^)
neo zeroさんもよいお年を。
2009-12-31 木  18:46:05 |  URL | 凰陣 #kVP5JqGo [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*