大切な二つの宝【現当二世】


人生の一部。

信じる。

信じることの人生を歩むこと。

歩めることの現在と未来に、後悔はない。

残りの人生に、後悔無く生きることのできる哲学。

それは、お前の過去が、この現在と未来を決定づける為のもっとも大切な宝となっているから。

飢えた愛情の満たされない心の渇望は、一体、お前のどこにその発露と突破口をみつけだしのだろう。

己の過去の人生の全てに影響しているか?

現在の生き方そのものの一部か?

与えられないが故の、気がつくことが出来ないが故の、生き方を決定付けてきた大切な選択肢となるキーであったはず。

己の大切な二つの宝。

二つで1つ。

この人にして、あの人が、必要。

あの人にして、この人が、必要。

だから、私が存在する。

相手の弱さの中に確かに見えたその強情な強さは、己の生命にその変化の必要性を気づかせてくれる。

相手の心に映し出される【もの】。

その大切な一部。


今を生きる。

現当二世。

過去は大切。もう、十分などということは無い。

しかし、人間は過去を生きているわけではない。

人間が生きるべき道は、今この瞬間の現在とその先に続く未来。

過去の意味は変えることが出来ても、現実を変えるのは、今という現在から先の道にある時間の中にしか残されてはいない。

現実を未来につなげる己の生命を変えることの出来る哲学を掴む時間。

その哲学を求めているなら、その哲学を受け入れる事のできる生命が開かれているのなら、それでいいじゃあないか。

もう、いいじゃあないか。

それでいいんだよ。

そう思えた瞬間に、気がつくことが出来る。

私が、変わろうとすることが出来る。

今を生きる。

今と未来を生きる。

現当二世。

過去は大切。もう、十分整理されている。

現在から先に生きる時間。

今を生きる時間はそこにしか残されてはいない。

過去に生きた時間と、現在と未来を生きる時間の価値。

最高の哲学を己の未熟な生命に刻む時間の意味と目的。

生きる途中の選択がどうであれ、根本である哲学を生命に刻み続けることで、最後に幸福を勝ち取る人生。

信。

桜梅桃李に今を生きる。



宗教 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*