嘘(うそ)

矛盾・「嘘ついたらハリセンボン飲ます」

      指きりげんまん、
          【嘘】ついたら、ハリセンボン飲~ます。



なんでやねん!

「ハリセンボン」飲まされるのなら、

おれは、神経が死んでる箕輪はるかちゃん。

私は、「角野卓造じゃあねえよ!」の近藤春菜ちゃん。


・・・。


『その「ハリセンボン」じゃあねえよ!』 


「【嘘】ついたら、ハリセンボン飲ます」という言葉自体が嘘。

「針千本」を実際に飲まされることはないのに、嘘をついたら針千本飲ますという約束を誓う言葉。


嘘。

嘘は、真実ではない・・・。

「嘘をついてはいけないよ。」
大人が、子どもにそんなことを言って注意する。


「嘘はついてはいけないことなの?」

子どもは、そこから、嘘というものがいけない【物】なのだということを知る。

しかし、

その、大人の言う言葉自体が、嘘なのだ。


大人の嘘の言葉を信用して子どもが成長する。


その途中で、嘘というものに直面するきっかけに何度も遭遇するだろう。

嘘?

大人は、いつも、嘘ばかり。

嘘。


嘘が無ければ、この世は成り立たない。

嘘。

世の中、嘘ばかり。


嘘をついてもいいんだよ。

じゃあ、なぜ、大人は、子どもに嘘をついてはいけないなんてことを言うの?

大人の事情。

子どもを馬鹿にした、エゴだね。

人間の中のシステム。

いや違う、その大人が子どもを馬鹿にしたエゴの中には、
嘘の中の本当の嘘と、本当の真実を見極めるための課題を与えるために必要な指導法なのだよ。


だから、あなたは、もう、嘘をついてもいいんだよ。

なぜ?

悪い嘘と良い嘘があるから。


正しい嘘には、前向きに生きる力がある。


幸せになるために必要な嘘があるから。

世の中が豊になるための嘘があるから。

嘘の中に真実があることを知っているから。

嘘の中の本当嘘と真実を見わけることの出来る知恵があるから。


※記事文中の「あなた」「お前」「おまえ」の二人称は、
             全て「私」「己」の一人称のことであります。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく
   

矛盾 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*