決断と選択:朝青龍の引退


潔さと悔しさの中で割り切れない決断と選択

朝青龍の引退の意味。

受け入れられない人生。

生き方を貫く人生。

まだ、まだ、その道で頑張ってほしかった。

でも、頑張っていた人に、まだ、頑張ってほしかったというのは、酷な話。

わたしは、この人の「人間らしさ」が好き。

「ヒール役」をもっと人間臭く、プンプンさせて演じ切ってほしかった。

潔さと悔しさの中で、割り切れない決断。

強さの裏に隠された人間の弱さ。

一言では片付けられないこのどうしようもない気持ち。

揺れ続ける気持ち。

生きるということは、こんなにも難しい。

一日、一秒。

この瞬間。

朝青龍の引退。

潔さの中に隠された悔しさ。

勝つことに拘らなければならない世界で、

勝たなくていい、この世間の風に負けることの悔しさ。

その割り切れなさの理由が、自分の歩いてきた人生の足跡を見ればわかる。

その足跡を今きちんと辿る時なのだと感じる。

朝青龍の引退に対して、その道を去る1つの結果を残した人への言葉。

「ご苦労様でした。」


世相・雑感・コラム | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*