確かな哲学

ひとしずく

人間という、一人ひとりの絶対的な存在。

人間というものが集まる家族、社会と世の中。

その相対するものの中に、絶対的に確かなものとして存在する自己。

自己とは何か?

己とは何か?

己の命とは?

その存在の意味を問い続けることこそが、絶対的なものを求める証拠。

過去を生きてきたことを説明できる人生。

現在を生きていることを説明できる人生。

未来を生きていくことを説明できる人生。

己と言う存在を説明できる哲学。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*