雪山の寒苦鳥

明日があるさという人間に明日は無い

今日出来ることを明日に持ち込まない。

今出来ることを後回しにしない。

今この瞬間を逃せば、その瞬間は、時間とともに既に永遠に戻っては来ない。

人間は過去には戻れない。

過去に戻ってその事実を消すことは出来ない。

残るのはその足跡のみ。

わたしの哲学は、今。

今日出来ることを、この今と言う瞬間にどれだけ凝縮できるか。

明日があるさという人間には、明日は無い。

楽観主義を騙るもの。

楽観主義を語る資格のあるもの、ない物。

今を精一杯生きない人間に、楽観主義を語る資格などありはしない。

所詮、己の不甲斐なさのいい訳だ。

あるのは、今だけ。

信じられるものは今この瞬間しかない。

昨日も、今日も、あってよかったね。

それは、今があるお蔭。

きっと明日もあるよ。

それは無い。

明日があるさと明日の存在に感謝するもの。

「喉もと過ぎれば寒さを忘れる。」

『雪山の寒苦鳥』

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

人間。

それを他人事のように笑い話にするのが俗。

明日を創る作業をせずに明日はやっては来ない。

人間の弱さ、その性。

『雪山の寒苦鳥』

マイナスから学べる人間の生きる前向きな性。

プラスとマイナス。

現当二世。

今を生きる。

現当二世を生きる今、この瞬間
【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*