きょうだい



私とあなたとは、なぜ、こんなにも違う人生を歩むことになったのかな?

同じところ、同じばしょで過ごしてきたのに。

何が違うのだろう?

わたしとあなた。

同じものを背負っているのに、なぜ?

こんなにも対照的に、光のあたるばしょと、くらいばしょを選んで生きることになったのはなぜなんだろう。

きょうだいというものは一体、何なんだろう。

さいしょから、たにんだった?

でも、同じばしょにいながら、本当は、どちらが必要な存在だったのだろう。

必要、不必要なんていうことを、間違っていることは知ってる。

大切な存在は、側にいなくなって、どうでもいい存在がいるのは何故なんだろう?

必要でないものが必要とされるのはなぜなのだろう。

必要とされていると思っているのは、私のかんちがいなのかな?

なぜ?

知ることの出来ない、越えることの出来ない溝。

知りたい。

わたしを知るために。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*