生きることを「チャラ」にする知恵:1+1=3の人生

pier-569314_640.jpg

一体、罪というものは、誰にあって、罰というものは誰が受けるものだろう。

この世に感じる矛盾。

原因と結果。

その原因と結果こそが宿業なのだ。

宿命と宿業。

呪い。

呪いの連鎖。

人間の中の血のつながりが、この呪いの連鎖を産む。

呪いとは何だろう?

祟りかな?

しかし、その呪いと祟りが、永遠に繰り返される本質。

人間その【もの】

1+1=3

1+1=3の人生。

生きることの選択、回答に、不正解は無い。

全部の答えが正しい。

最終的には、1+1=0になる。

2には、ならない。

これって、正解?不正解?

次の選択肢より、回答せよ。

無限。

その答えを、「より」、正しいものに近づけることが出来る知恵。

何よりその知恵が無ければ、ゼロにはならない。

2になれば人間の及第点?

O(ゼロ)になれば、卒業?

グルメな宝石の味。

勇気×勇気。

死ぬほどの苦しみ。

死ぬほどの苦しみを味わう。

その味。

その味を知ることのこわさ。

その味を知ることの恐怖。

その味を舐めることの恐ろしさ。

死と生の境目。

その境目は、どこまでも生を求める境目。

要するに崖っぷちということだ。

その境目でしか、その味を知ることは出来ない。

生きることに敗北し続けるのか。

生きることに勝利することが出来るのか。

その味。

その味。

その味を確かめるためには、一歩が必要だ。

その一歩が、地球の重さよりも大きく感じる。

絶望を乗り越えるための一歩だ。

勇気。勇気。勇気。勇気。

お前の勇気を感じるその何倍もの勇気。

勇気+勇気、以上の勇気が必要だ。

勇気×勇気が、必要だ。

その掛け算の勇気を引き出すエネルギーが必要だ。

その勇気が、今ほど、必要な時はない。

勇気に勇気が重なる力を引き出すもの。

その勇気を引き出せる賢者の石と錬金術。

その味は、人生の一生の財産となるグルメな宝石の味。

桜梅桃李。

今を生きる。


信仰

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*