アイドル・偶像:生命哲学の奥底


目に見えるものばかりの世界。

「看板」に映る文字、や表面的な「美辞麗句」に繋がりを求める世界。

アイドル・偶像。

それは、単なる奉られた「から」のお人形。

刹那で愚かなおまえの「空想」と「妄想」を、その「から」の中に詰め込むのにはちょうど都合が良い。

「ネット」の偶像・アイドルは、現実のアイドル・偶像よりもたちが悪い。

嘘と誤解と錯覚と巧妙さの中の、根拠のない客観と偏見的な主観。

より正しさを求める世界から遠ざかるありとあらゆる非人間的な世界。

人間のプラスの本質から遠ざかる世界。

見える文字と数字の結果のみにその価値を求めようとする愚かな人間が、より愚かさを発揮できる好都合な場所。

人間の心を踏みにじり、心を抹殺することの出来る信号の世界。

ネットの世界の一番は、現実の世界の一番か?

一番の嘘と誤解と錯覚と巧妙さの中の根拠のない客観と偏見的な主観の世界。

心の世界と精神、そして、更に深い生命を語る世界に、番号付けする意味があるのか?

生命を「心」で語ることのできる世界か?

何を根本に対話すとるというのか?

単なる文字と同じ、表面的な知識を積み上げた観念をひけらかすことか?

ネットの世界で、信号として、目に見える繋がりをリンクという手段で強調する世界。

検索エンジンさん、お疲れ様です。

つながってますよ。

日常に、やる気と潤いを与える、和気藹々で楽しい世界。

それでいい。

しかし、はなはだ、確かな哲学の基点は、そんな嘘と誤解と錯覚と巧妙さの中の、根拠のない客観と偏見的な主観の世界に無い。

生命哲学の奥底には、目に見える繋がりに意味を求めることよりも、目には見えない繋がりを確かに心で感じ取ることの出来る生命を磨くことこそに、意味がある。

「単なるブックマーク」と言ったその人の言葉の意味がわかった。

凡人のつぶやき。



ネット宗教 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント