形式主義の権威主義の宗教組織



序列社会で、形式主義の権威主義。

組織の垢。

組織の垢とは、その組織の「人間の垢」そのものに他ならない。

「お前の事や!」

「どこのことなん?」

人間の信仰心が、一番嫌うものなのに、宗教組織が、大きくなればなるほど、どんどんくっついてくる。

まるで、生活習慣病のように。

メタボリックの贅沢なお肉と脂と加齢臭。

見えない病の障りが、忍び寄る。

ヒタ、ヒタと・・・。

宗教にも、見えざる総合検診、人間ドックがそろそろ必要なんじゃあない?


「役職なんて関係ない」、なんていいながら、自分の名前よりも先に、役職を告げる。

「アホか?  こいつ・・・。」

言ってることと、やってる事の嘘と矛盾さえ気がつかない。

腐敗。

肉やバナナは、腐る直前が一番、美味しいというけれど。

やっぱり、生身の人間が集まる宗教組織も、世間となんら変わらん人間社会の集団の1つ。

やっぱり、生のものは腐るんだよね。

硬直した、宗教組織は、人間の生々しさを排除する息の出来ない、人間が窒息死する社会。

組織とは、人間の心を排除する形式主義の権威主義の序列主義の形骸化へ突き進む。

それとも、生の人間の賞味期限を越え、更に、消費期限を越え、やがては、腐り果てる道を突き進むのだろう。


身近に、そんな「腐り切ったバナナ」のお寺があるもんね。

まだ、処分されずに放置されてるよ。


今、見えるよ。

その巨大組織のバナナの一番美味しい状態を知らせてくれる「シュガースポット」が。

その後は・・・?。



宗教 | Trackback:(0) | Comments:(4) |-
コメント
バンさん、こんにちは。

ネットユーザーの価値観は受け取り方も含めて、その人本人が決める事ですよね。

私がバンさんに返信した事と、
バンさんの受け取り方は、ねじれ現象を起こしているようです。

私がバンさんに返信した事、良くなかった気がします。

ただ、下記を残します。

人が集まれば集団になり組織も出来ます。
でも、信仰の世界で、そこばかり考え過ぎると迷いの元になります。
客観的に物事を見れる、と言う人ほど、客観性をはきちがえ、信心にどっぷりつかれていない事があります。
信心にどっぷりつからなければ、信心の本質を一生知らないままに死ぬことになります。

私から言えるのは、これだけです。

2010-03-30 火  10:26:19 |  URL | 凰陣 #kVP5JqGo [編集]
凰陣さん、ありがとうございます。

感謝します。

『突き抜ける』と言う言葉は、私も現実においてこの信仰で体得しなければならないと感じる事です。

でも、記事については、勘違いされていらっしゃいます。

あとは、メールにてお伝えします。
2010-03-30 火  12:58:56 |  URL | ningenkakumei #- [編集]
>でも、記事については、勘違いされていらっしゃいます。

■ バンさん、返信ありがとう。
んとね、今回の記事に限ってでは無くて、以前からのも含めて感じた事でした(紛らわしくてごめんなさい)。
2010-03-30 火  16:10:52 |  URL | 凰陣 #kVP5JqGo [編集]
確かにおっしゃるとおりです。

今後は、時と場所を考え、度が過ぎた表現は控えるようにいたします。

記事は私の未熟さ故のことであり、今の私の証拠を残すものとして、そのまま掲載しておく事にします。

また、よろしくお願いいたします。m(__)m
2010-03-30 火  17:45:45 |  URL | ningenkakumei #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント