私の大切な二つの宝


自らの運命は自らの手によって開く

当然、ブログにその思いを記事にして書くということでその運命が開けるというわけではありません。

未熟で鈍感な人間に必要な事は、言葉の世界に深く浸る事で、いくらか人間の心を理解する事が出来るようになっても、己自身の人間を変えるためには、何一つ足りません。

それは、人間としてこの五体を使って、現実の中を生きることによって、「自らの運命は自らの手によって開く」事の出来る哲学として成立する。

どこまでも見える世界で生身の人間達の現実社会を生きるということなしありえない。

言葉と言葉だけの観念の世界を、ほんの少しの心で行き交うことができても、その先に進む「勇気」がなければ、自身が発するところの根本である妙法哲学の本質を己自身の生命に刻み、現実の世界で実証を示し、その哲学の正しさを身を持って証明する事は出来ません。

所詮、ネットはネットです。

大切な事は、現実という、人間の姿を見えるもの姿かたち、あるもの全部をこの世で使い切る闘いこそが、この哲学に求められている事。

正しいと信じ、確信した、その正しさを身をもって証明してこられた人。

その事実としての結果として存在する創価の勝ち誇る姿。

それは、自らの生命で勝ち取ってきた、一人ひとりの勝利の証なのだ。

「突き抜ける」己の中の「信仰心」を知りたい、感じたい!

己の「生命」で!

そのために、求められる最高で最強の哲学を与えてくれた大切な恩人。

私の最大、最高の「報恩感謝」の証を示すものは、自らの「変化」以外のなにものでもない。

己の中の信仰心に対する迷いは、何一つ無い。

現実を生きるとは、この体を、己の哲学に馳せた強い信念で、一念と執念によって、現実を生きる為の【勇気】に変え、人間社会の中で自らの「肉体と精神」を通して、心から「生命」に刻むことなのだ。

現実を生きるということ無しに、ネットで語ることの出来ない「信仰」とは、この『創価の哲学』に他なりません。

その互いの信仰者として、受持した妙法の宝の、最高の価値を知らしめてくれる創価の一人ひとり。

己の「今」を知る。

私の大切な、二つの「宝」。

守るのは、きっと、わたし。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。

2010/3/31



宗教 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*