生と死の憂鬱:悩み・迷い・苦しみ


私と言う人間は、一体、どれほどの薄汚れた人生をおくってきたことか。

その汚さの垢と言うものが、ボロボロと、どん底の中で剥がれて行くことの感じ。

その感じが、今、わかる。

鉛のような、なんとも形容しがたい心の中のどうしようもない、どんな時にも付いて回る重たいような、纏わり付くような、その心の鈍痛のような痛みでもない、分厚くどんよりと私の心を覆いつくし続けてきた、決してどんな時にも晴れることのない、本質的に消し去る事の出来なかった憂鬱。

刹那に生き続けてきた人生。

そして、マイナスからの人生の再スタート。

あるものは何も無くなった。

無くなるにつれて、更に、苦しみ、悩み、そして、生きることと死ぬ事への選択への迷い。

どこまでも続く、己の中の地獄。

過去の全てが、私を苦しめた。

それは、全ては、私が、背負わなければならなかったもの。

全ての憂鬱と絶望感。

その中で生きる。

ゼロからのスタート。

全てを失い続ける毎日は、変わりはしない。

私の心の中の嵐は、吹き荒れ、苦しむこと、悩む事、そして、迷う事から、絶対に逃げないと、思えば、思うほど、弱い心が、私を更に痛めつける。

死への覚悟。

その淵にたどり着くたびに、最後の灯りが灯る。

灯りのある方向へ這いながら、心は死を求めながらも、なぜか、生きようとしているもう1つの自分。

己の生きることへの絶望は、苦しみのどん底の涙で、その灯りの方向へはいつくばって、ほんの少しの生きようとする力によって、死への選択の道をとどまらせた。

ゼロになっても。

人生を1からスタートさせるためには、私にとっては、なんども、なんども、生きることと、死ぬ事との闘いでもあったような気がする。

今も、これから先も、どん底なのかもしれない。

しかし、あれほど、私の心の中で決着する事が出来なかった己の中の過去の人生を、その時々に生命の中から晴れ間をのぞかせてくれる。

これから、もっとどん底を見ようとも、もう私の生きるという覚悟は変わらない。

憎しみと怒り。

どんな時にも晴れることの無かった心の中に本質的に、消し去る事の出来なかった憂鬱。

己の人生を破滅に向わせた己自身の中にあるその呪われし業。

今、その1つの節目を、己自身の中の変化として、確かに感じる事が出来る。

これは己の能力か?

不思議と感じる、自分ではない自分。

その自分では無い自分と言うもの、それこそが、本当は、己の本質なのかもしれない。

それとも、今までに、私に無いものを与えられたとでも言うのだろうか?

そんなことは、どうでもいい。

今、こうして、生きるということに対して、灯された明かりに対して、確実に感じる『生きていける』という自信。

この、なんにもない、己の情け無い現実の中で。

それは、私の中には、確かな【もの】がある証拠。

目に見えるものは何も無くなった。

でも、見えない確かな【もの】が、今、はっきりと見える。

宝。

本当の宝。

私が欲しかった宝。

何不自由ない生活の中で、得ることのできなかった宝。

己の宿命の深さをこうして、まざまざと知ることの出来る、己の中の宝。

何も無くても、生きていける自信。

今、決して、生きることを諦めないという自信の中で感じるのは、私の中で乗り越えること、解決することの出来なかった過去に対する申し訳ない思いと、感謝。

全ての人に報いたいという願い。

その願いのために、生きる。

その願いを誓に変える。

生きることによって、私が変わることが、全ての報恩感謝への0(ぜろ)から、1(いち)に変わる力。

その力を宝に変えるために、現実を更に生きる。

どん底を這い蹲ってでも。

これが、現実を生きることの実感と、充実感!

現実を確かに生きることの出来る確かな哲学を、更に、私の足跡に刻む毎日の闘い。

それは、私との闘い。

今、この、瞬間。

2010/4/28

悩み・迷い・苦しみ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*