限界を極める奥義:生きているだけで丸儲け。

narcissus-6368_640.jpg

生きているだけで丸儲け。

生きていてよかった。

生きているだけで良い。

生きている実感。

どん底へ、自らを追いやり続けた、己の人生に与えられた選択枝。

馬鹿で愚かな人間が、どん底を自ら掘り進めて、辿りついて見たものは、地獄の中で仏。

その仏とは、地獄にゴロゴロと転がっている宝の原石。

その地獄とは、自らの生命に他ならない。

その地獄で宝の原石を、今こうして掘りだしている。

掘り進めている。

どん底と言う現実。

その事実。

地獄が天国に変わる真実。

「浄土と云ひ穢土(えど)と云うも土に二(ふたつ)の隔(へだて)なし只我等が心の善悪によると見えたり」(日蓮大聖人御書384㌻)

己の中での証明、そして、確信。

人間は、辛い思いを乗り越えた時に、だれでも、もう、二度と同じような辛い思いはしたくないと思う。

それは当たり前のことだと思う。

当たり前のことだと思うのだけれど・・・。

その当たり前に思ことが、1つの辛さを乗り越えたからと言って、もう、辛い事が何一つ無い人生が、願いどおり実現するものでもない。

でも、本当に、本物の辛さを乗り越えて人が、果たして、もう同じような苦しみや辛さを味わいたくないと感じるものだろうか?

そんな疑問にも捕らわれる。

深い辛さを乗り越えた事によって、今を生きる人生、そして、これから生きる人生。

そこに刻印されるものは、大きな大きな達成感と充実感なのではないだろうか?

『(若いときの)苦労は買ってでもしろ』

『情けは人の為ならず』

人生における本当の辛さの本質を乗り越えた人であるならば、辛さは生きてきた人生の宝、そしてこれからを生きていく大きな勇気の無限に湧き出すエネルギーの源。

更に、人生の最終章へ向って、最大の越えなければならない壁の先へ向っていく為に、この世に生きた事を感謝できる己の中の哲学を証明する、永遠に己の生命に打ち立てた事実。

それは、死。

生きたものには、必然的に、与えられる、そして、いつか必ずやって来る人間のこの世での「死」。

その死は、辛いものか?

果たして、その死は、ワクワクするほどの、楽しみなゴールの1つだろうか?

確かな哲学の確かな答えを知ることの出来る瞬間。

死。

己の限界を高める技の奥義を極める。

生きた哲学。

その実践。

己の現実を生きる為の更に、その現実を生きる為の限界を極める技とは?

知恵。

現実を生きる為の生きた知恵。

体の変化。

心の変化。

精神の変化。

肉体の変化。

それは全て、己の中に確立されゆく「確かな哲学」に基づく生命の変化の現れ。

生命の限界を無限に高める。

新たなる知恵。

変化。

宗教に縁する事によって、己自身の中に、絶対的な信仰心を呼び覚ます。

己の宗教が生まれる。

そして、生命を開くために、信仰心を深める。

信仰者としての道のりは、その信仰心を更にどこまでも深める道。

どこまでも、どこまでも、それ意外に無い。

己の生命の最高の場所を目指す途中。

その道のり、旅の途中。

絶対に逃げない。

桜梅桃李。

今を生きる。




今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*