生きることを学ぶ人間社会

学習する時間を持つことの大切さ。

学習することによって、その本質を知る。

大人になればなるほど、学習する時間が減る。

大人になればなるほど、受動的な生活環境によって能動的な学習意欲が失われていく。

人間が生きるという世の中の本質。

暮らしと生活を営む人間社会の本質。

人間が生きること。

その本質を知る。

人間が、今を生きること。

人間が、明日を生きていくこと。

人間が、未来を生きていくこと。

生きている以上、生きなければならない。

生きることを己に課す。

生きることの本質。

なぜ、人間は生きなければならないのか?

泣いて生きるのも一生。

笑って生きるのも一生。

生きることは、どちらも一緒。

学習することによって、目では見ることのできない物事の本質が見えてくる。

見えないものが見えるようになることは、人間が生きていくことの理由の一つ。

笑って生きて、見えてくるもの。

泣いて生きて、見えてくるもの。

泣いて、笑って生きて、見えてくるもの。

人生を生きて、見えてくるもの。

見えないものが見えてくる。

生きるということを学習する。

哲学の道を進む人生。

年齢を重ねるごとに、人間に対して、社会に対して、謙虚に生きたい。

人間というものを尊重できる寛容性。

より柔軟な心を発揮できる己の生き方の哲学。

その根本。

傲慢な生き方、頑なで、偏屈と頑固に年を取って生きる道なんて選択したくはない。

どこまでも己の精神と心の解放を求め続けて生きていきたい。

そして、本当の自由を得たい。

己の目指す根本とする生き方の哲学にとって、必要のない己を隠すためのだけの相手に対するつまらぬプライドにこだわることの無意味さ。

現実をありのまま姿で生きる己に対するプライドに拘ることの大切さ。

己が、己らしく生きるために。

謙虚に学ぶ。

☆確かな哲学・賢者の石
【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*