【本因妙】:「ありがとうって」伝える明日へ、そして未来へ

来年がもうすぐやってくる。


新しい年だ。


うれしい。


本当にうれしい。


新しい年を迎える。


そこに喜びを感じることができる。


そして、希望と期待を感じることが出来る。


自らを信じる事。


そこに、己の未来を拓くことが出来ると確信できる。


そこには、自分の生きる道がある。


信念がある。


確かな哲学がある。


その確かな哲学をもとにして、己の精神の中に心を通して確かな自己を高めることの出来る自信がある。


未熟な人間である私にとって、その哲学は、間違いではなかった。


それは、己の人間という中に確かな証があるから。


確かな足跡を見る事が出来るから。


新しい年。


わくわくする。


どんなことがあっても、絶対に乗り越えてみせる。


人を欺くことはできても、決して己に嘘をつくことはできはしない。


今年の年頭の私の願い。

それは、笑。  

自分の声を信じ、今を生きる! >【keep on believing!】

そして、更なる己の変化を求めて、もう、このブログを辞めようかと思った時。

本因妙・過去から現在、未来へ


私にとってのこの一年。


変化。


そして、笑い。


その願いを叶えることが出来た。


涙と共に明け暮れた一年。


本当に苦しかった。


でも、その苦しみは、苦しみではない。


その苦しみが楽しみの如くに変わっていく。


その変化。


私の中で変わっていく。


確かな変化だ。


どん底の環境の中で、人と人が交わる社会。


人間として今を生きることに対する苦しみは、明日を生きる課題と変わる。


そして、そこに知恵を生み出すことの知恵。


そこに人間として生きる苦しみの中から得ることの出来る人間として生きる楽しさの本質を知る。


生きていることの喜び。


本当に、生きていてよかった。


どん底。


現実は、何も変わらない。


今も、どん底。


でも、違う。


私の心の中のどん底は、もう過去になった。


今。


そして、未来へ。


今を生きるのは何のため。


未来を生きるため。


未来を信じて生きる。


今を。


私の今年の目標である「変化」と「笑」。


その締めくくりは、引っ越し。


新しい環境の変化は、そのまま私の中の変化を映し出す。


現実の環境が己を変えるのではない。


己の中の環境の変化が、必然的に現実の環境を変えていく。


人間と人間。


私自身の変化。


苦しい中で生きる。


そこに笑顔。


頑張ることが楽しい。


本当にうれしい。


生きることに感じる確かな充実感。


今年一年、頑張ったね!


そして、頑張ったことへのご褒美は、感謝にあふれる気持ち。


素直に感じることの出来る感謝。


それは、これからを未来を生きる私にとっての大きな宝。


生きたい。


今を。


そして、今日を。


明日を。


未来を。


死ぬ瞬間まで。



【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく



本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(2) |-
コメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
私は今年も相変わらず自己確立を発信していきます。物としての道理に適う生き方を発信して、物が物として正しく生きる筋道を人生哲学として書くと、精神論者から多分指摘を受けると思いますが、人間の世界の問題を解く鍵が物の道理に有ると言う事で、カメさん流の哲学と相成ります。
今年もいろいろ語り合って楽しく過ごしたいです。
2011-01-04 火  09:04:48 |  URL | カメさん #- [編集]
カメさん。

あけましておめでとうございます。

ご挨拶が遅れ、申し訳ありません。m(__)m

今年も、

>人間の世界の問題を解く鍵が物の道理に有る

そのカメさんの哲学から、私の更なる変化のために、多くを学ばしていただきたいと思います。

現実を人間として生きて哲学を生れる。その哲学の確かさを知るために、更に現実を生きる。

カメさんの哲学。その確かさを知るためには、現実に生きている人間社会で実行しなければ、判断することはできません。

今年も、よろしくお願いしますね。

更新が滞ったりすることもあり、コメントなど遅れる場合もありますが、ご勘弁ねがいます。(^^♪
2011-01-08 土  10:48:06 |  URL | バン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*