景気をよくする【もの】、それは、【気】

新しい年。

その新しい年も、新しい毎日の繰り返し。

一日。

一週間。

一か月。

冬を越し、そして、春を迎える。

そして、季節が移り変わり、一年。

一年、一年。

一日、一日の同じことを繰り返す。

『人間生きて50年』なんて言っていた時代。

そして、今。

時代は、変化と共に移り変わり、進化を遂げる。

人間の寿命。

その進化。

進化は、人と人が暮らす人間社会の中での変化の最高の形となって、過去を生きた人間たち、今を生きている人間達、そして、未来を生きる人間たちに受け継がれていく。


日本の今年の景気はどうなるなるのか。

『景気は、「気」ですから』

ニュースのアナウンサーが、言ってた言葉が心に残った。

人間が生きるためには、気が必要。

元気の気。

気持ちの気。

現実に負けない気持ち。

気とは、思い。


この一年も、一念で生きる。

己の生きる思い。

そこに必要なものは、確かな哲学。

己の未来を信じるため今を確実に生きることの出来る哲学。

その哲学を己の中で高めることによって、更に確かな自己を求める。

変化とは、革命であり、己の中の進化。

それは、人と人が集まる人間社会で生きることなしにありえない。

切磋琢磨。

人間が人間を理解することの難しさは、己を知ることの難しさでもある。


そこに必要なものは、謙虚さ。

そして、気が付くことの出来る気。

その思い。

何度も同じことを繰り返す。

あきらめない。

すべての痛みに負けない。

過去から未来へ。

今という瞬間は、未来からあっという間に過去へ。

今を生きることの大切さは、未来を明るくする。

過去を宝にする。

過去があるから、今を生きることが出来る。

未来があると信じるから、今を大切に生きる。

己の生きる道。

一念から執念へ。

それは、現実を勇気をもって生きる気力。

それは人が人間社会生きるためにある人間として生きる中から生まれる。

気。



■世相・雑感・コラム | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント