桜咲く、思い、きっと・・・

いつまでも思いに浸っている暇は無い。

出会えた人。

縁。

いつまでもその縁を大切にして生きていきたいから。

今を生きることがその縁を大切にすることにつながる。

その思い。

恩。

自らの意思で、自らの選択によって選んだ道。

決してあきらめない!


いつまでも感傷に浸っている暇は無い。

一つの社会を去ることに対する感傷。

一つの社会に参加することに対する勇気。

その一歩。

自らの道を切り開く為。


ありがとう。

いつも感謝できる。

別れ。

その悲しみに対して感じる感謝の思い。

その思いを大切にして、生きていきたい。

過去の私。


今の私も、すでに過去の私。

未来の私は、今の私。

すべては今。

現実を生きている今という瞬間。

生きているのは、この今という瞬間しかない。

その己が生きていることを確かに知ることの出来る今という瞬間を生き続ける。


過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ

未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ

気がつく哲学。

変化の哲学。

今を最高に生きる事の出来る哲学。

生きるということ。

一歩、一歩。

桜咲く。

きっと・・・。

だから、あきらめない。



人生を確かに生きる哲学

本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*