【本因妙】:生身の人間が現実を生きてなんぼの宗教


「思い」を語ったところで己が生きた証にはならない。

現実をいきてなんぼ。

生きているだけで丸儲け。

今、その力が試されている。

必要な時、その瞬間に力を発揮することが出来ない哲学などただの妄想。

ゴミだ!

嘘の宗教だ!

嘘の信仰だ!

嘘の信心だ!

語る暇があったら今という現実を生きよ。

生身の人間として、社会の中で生きよ。

己の思いが今という現実を生きる中で、人間の姿を通して振る舞いとなって現れる。

人間の中で学ぶ。

どこまでも謙虚に。

己の信じた道。

その確かな道を己の生命に哲学として刻むために行動する。

「生きる」という行動。

「生きるという行動」は、学習となって更に己の哲学を高める。

人間として幸福に生きることの人生の選択することが可能となる確かに生きることの出来る知恵となる。

生きるための活きた知恵。

生きることの一歩を確かにする知恵。

己の足跡をはっきりと残すための知恵。

信じる事。

行動すること。

そこから学ぶこと。


生きることとは、ありがたい。

どこまでも感謝出来る心であり続けたい。

大切なものを与えてくれた、大切な人に対する恩。

大切な根本。

今を確かに生きることの出来る哲学。

その哲学は、一人の生身の人間が、現実を己の力で乗り越えて生きられることの出来る哲学。

一人ひとりがもつ生命の中に秘めた力を最高に引き出すことの出来る哲学。

「当たり前」の火事場の馬鹿力。

本因妙。

桜梅桃李に今を生きる。

妙法。



本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*