生きることの原点

死んだ者は去り、生きているものは進む。

人間の命。

命ある限り、死ぬまで生きる。

生きることは、進むこと。

立ち止まることは、死ぬことと同じ。

死を分かち合う。

生きていくことによって、死を分かつ。

死んでいく者達。

生きていく者達。

この瞬間。

今。

生きることの選択。

死への選択。

自らの選択。

生きることの全ては、自らの選択によるものなのだ。

人として生まれ、人間として生き、人として死んでいく。

人から人間へ、そして、人として死んでいく。

人間とは、生きてなんぼ。

生きているから人間なんだ。

生きることの原点。

ゼロへのリセット。

人間とは?

人間とは?

人間として生きることとは?


死ぬことへ向かって進むことなのだ。

死を分かつために。

生きることを分かつために。

生きている間、人間として生きたい。

人という点から、死ぬまで人間としての道を歩みたい。

幸せと不幸せ。


過去も未来も無い。

確かに存在するの目の前の現実。

今というこの瞬間。

生きる。


人生を確かに生きる哲学

本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント