当たり前に生きる


人間が、当たり前に生きること。

当たり前に生きるということがどれほど難しことであるか。

当たり前に生きるということは、これほど大変なことなのか?

当たり前のことを当たり前に実行できる人。

当たり前のことが当たり前にできないで苦しんでいる人。

当たり前のことが、当たり前にできて、当たり前なんだ。

「早く、一人前の人間になれ。」って、一人前の人間ってなんだ?

当たり前ってなんだ?

わたしは、利他や慈悲という言葉は知っているけれど、利他や慈悲という言葉を知ることが出来ない。

でも、利他や慈悲という言葉の実践は、わたしの毎日の行動からすべてが表れていくのだというふうに感じる。

誰の為でもない。

わたしのためなんだ。

だから、感謝して人のために行動できる。

でも、利他や慈悲なんていう大それたことなんかじゃあない。

だってわたしの為なんだから。

勇気をありがとう。

わたしの勇気はどこから来るかって?

それは、大切な人を守るため。

感謝と報恩のまことを尽くしたいと誓っているし、祈っているし、願っている。

それが、わたしの今を生きることの意味。

勇気というのは、自らの生命から生み出されるものであるが、それは、自らの力ではない。

そこに人間がいるからこそ、まことの勇気は湧きあがる。

ブログというのは、私に与えられた自由場所。

ここでは自由でありたい。

当たり前に生きたい。

でも当たり前に生きることが不可能な程、人間って困難な生き物。

人間を支配しているのは何?

当たり前に生きられない人間達の不可能を不可能とあきらめて、単なる思い付きや、アイデアで生きる。

そんなのは御免だね。

人間の進化の理由。

不可能な中から可能を生み出してきた。

生命の不思議。

生命とは見えない形を見える形にかえたもの。

人間が人間たる理由。

人間に与えらた使命。

人間が楽に生きるのなんて、気の持ちようだよ。

ただ、ちょっと気持ちを切り替えれば済むこと。

なんて言うけど、そんな当たり前のことが出来ないのが人間の愚かさなんだよね。

人間は簡単には生きられない。

簡単に生きようと思えば思うほど、難しくなる。

人間の世界で生きる。

人間というのは、定まらないけれど、定まらないものを定めるのが人間のなせる業ではないのだろうか?

人間には、知恵がある。

その人間の知恵が集まれば英知なる。

人間だから出来ること。

人間という不思議な生き物だからなせる業。

必然。

見捨てちゃあだめだよ。

桜梅桃李。

今を生きる。


今を生きる

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*