人間は神や仏を信じるもんじゃあない!人間を信じるもんだ!

人間は神や仏を信じるもんじゃあないよ。

人間は人間を信じるもんだ。

人間の中の人間性をどこまでも信じるものだ。

人間の中の人間性をどこまでも信じることのできる不可能を可能にする哲学。

それは、己自身を最高にどこまでも信じきることの出来る哲学。

己の不可能を可能にすることの出来る哲学。



わたしには、この世で一番、尊敬できる家族がいるから幸せ。

こんなにも、感謝することの出来る家族。

ありがとう。

本当にありがとう。


こんなにもありがたいと思える家族がいることの幸せ。

何よりも幸せ。

今、こうして家族に感謝できるわたしは、幸せ以外のなにものでもない。

だから、今を一生懸命に生きることが出来る。

一人ひとりに感謝できる。

ありがとう。

今は、ありがとうとしか言えない。

ありがとうと思える恩返し。

必ず。

人間は、人間を信じるもんだ。

神や仏を信じるもんじゃあない。

「人間を信じられる」と信じることの出来るわたしを信じられる哲学。




本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*