神や仏は人間に法を説かないよ!己の仏が己の生命に説くんだよ!

人間が人間を理解するというのは、神の領域においてなせる技なのかもしれないね。。

まったく、世の中の人間というのは、自分が一番偉くて、自分が常識みたいなことを言ってる。

一方通行の交通道徳しか語れない人間ばかり。


創価も世間もそんなやつばかり。


「俺を批判するお前らが間違っているんだ!」

みたいな。


「自分がそんなに偉そうなことを語るのと同じくらい、他人の言葉を素直に聞いたことなどあるんかい!」って思う。


何様のつもりだろうね。

神様か仏様にでもなったつもりでもいるのかね?

言ってやりたいよ。

神や仏は、人間に法を説くわけないよ。

己の中の神と仏が、己自身に法を説くんだよ。

人間を理解しようとしない奴は、一生、小さな世界で生きていろ!

井の中の蛙(かわず)大海(たいかい)を知らず

わたしのなかには、もっと大きな未知な世界を知ることの出来る哲学がある。

わたしゃぁ、一体、何を言ってるんだろうねぇ・・・。




本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*