【Keep on believing!】自分の声を信じて今を生きるんだ!

姉の人生。

外国で暮らす姉。

帰国した時には、いつもカラオケに行く。

姉が決まってうたう歌。

アンジェラ・アキさんの『手紙』  

その時、姉は、いつもこの歌を一番に歌う。


笑顔を見せて 今を生きていこう!

今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は

自分の声を信じ歩けばいいの

人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて

Keep on believing!

今を生きていこう!

(手紙より) 自分の声を信じ、今を生きる! >【keep on believing!】



そのたびに、わたしは、姉が生きてきたであろう人生と、この詩をタブらせる。

姉が越えてきたであろう、私には到底超えることのできないたくさんの苦労。

姉の歌を聴きながら、涙がこみ上げてきそうなのをがまんする。

わたしにも、わたしが苦しい思いて生きているときに、いつも浮かんでくる詩がある。

わたしは、今、どこにあるのと。

踏みしめた足跡を何度も見つめ返す。

サヨナラを誰かに告げる度に

僕ら また 変われる 

強くなれるかな♪

(いきものがかりより)



オーストラリアに発つ姉。

わたしの尊敬する姉。

その姉の子供は、新しい未来と自らの可能性をどこまでも開くために、アメリカへ旅立って行った。

辛かっただろうね。

姉の苦労はどこまで続くのだろう?

しかし、苦労を苦労としない姉のどこまでもまっすぐな生き方。

誇らしい人生を歩む姉の姿。

『これからも、自分の夢に向かって、楽しい挑戦を続けてください』

姉が、メールでくれた言葉。

苦しいことも全部、自分の夢のためにある。

「今を楽しんで行こう!」

辛い中を一生懸命に生きてきた姉。

ありがとう。

一番苦労した人が一番幸せになれる哲学

「きっと!」




家族

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*