閉ざされていたはずの道が開ける瞬間

ストレスを他人にぶつける行為。
八つ当たりは、一番最低な行為。

己の弱さゆえに心の中の解決されないもやもやストレスを家族や他人に向ける行為。

社会の中で起こっている事件では、
最近、特にそのようなことに端を発する事件が取り分け多いような気がします。

己の達成できな出来ない心の弱さを、
出来ない限界を勝手に作り上げ、
努力することを諦めている己の弱さ。

そして、己の中で解決できない理由を、
己以外の責任になすりつける愚かな心。

己の出来る「一生懸命」を全力で尽くせたのなら、
必ずそこから新しい道が開ける。

どんなに目の前の道は閉ざされようと、
道は1本だけではない。 

とことん、どこまでも諦めず戦い続ければ、
あなたの周りには、見えなかった、
閉ざされていたはずの道が開けるであろう。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

メモ帳 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*