一人の人間として生きる


わたしは、変わる。

人間は変わることが出来る。

人間が、変わることは、不可能なことではない。

脳だって、実は「年齢を重ねても衰えることは無い」と脳科学の研究で発表されている。

人間の固定観念。

人間の中の惰性。

人間の怠慢。

あきらめ、無気力。

悪しき生活習慣。

人間の進化。

もう組織に囚われない。

わたしは、わたし。

今、この瞬間を生きているのは、わたしなんだ。

一人の人間として、今、この瞬間を生きる。

「毒矢の譬え」

愚痴や悪口を言っても、わたしが変わるわけではない。

今、わたしが生きているのは、何の為?

己の2度目の人生を、一日たりとも無駄にはしたくない。

愚痴や不平、不満は、惰性と怠慢。

堕落と傲慢以外のなにもでもない。

わたしが、私の力で、今を生きることが、わたしの2度目の人生を与えられた使命。

わたしの確信する確かな哲学とは、自らの力で生きることの自己確立を果たす哲学。

組織に関わる人間に囚われるための信仰ではない。

世間もそこにいる人間は、同じなんだ!

人間とは、どこにいても何も変わらない。

同じなんだ!

変わらなければならないのは、わたし以外にない!

わたしの信仰。

唯一、絶対のひとりの信仰心。

わたしの中の私を信じきることの出来る信じる心。

桜梅桃李。

今を生きる。





宗教 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*