見えないものを心に映し出せる能力を与えられた創造主:人間

この世に今、生きている人間。


人間こそ、全知全能の創造主。

その与えられた能力。



「ああ、わたしは、なんて謙虚なんだ」



人間自らが不可能を可能にして獲得し、進化し続けてきた能力。


人間らしく、更に、より人間らしく。


人間の得意技とは、見えないものを己の心のスクリーンに映し出せる能力を持つ。


この世の法則。


宇宙の法則。


人間が生きる道理。


哲学。


人間が生きてきた歴史。

より人間らしく生きることを求め、多くの人間達が遺した生きた事実、その足跡、多くの言葉。


一人ひとりの人間の未来。


明日のために、今を生きる。


大切なのは今。


過去も未来も全部、今というこの瞬間を最高に人間らしく生きるためにある。

その大切な過去。


折角、多くの人が残してくれた「今という瞬間をより人間らしく生きようとした事実の集まり」。


過去の遺産。


それらを大切にしなければならない。


私の大切な過去。


過去の多くの失敗は、明日を生きる自分の姿を創りかえるために、今を生きることの大切さと、確かな意味を与えてくれる。


生き甲斐。




世の中には、全く、「お気の毒」な人が多い。


「お気の毒」


毒にもなる「気」。


でも、「気」は、毒にもなるけど薬にもなる。



あんたは、「気」が利かんから、あたしゃあ「気」に入らん。



「気」は「心」。


気なんて心によってコロコロ変わる。


心。



全くお気の毒な人の心は、人間の見えない大切な部分と真正面から向かい合わなかった人達。



そんな奴らが、自分を人間と呼ぶなんて、おこがましい。


見えぬ人間の心の奥底に厳然として存在する全知全能の創造主。


生命。




「気が変われば、生き方も変わる。気の持ちようさ。」


そんなアホなことは、軽薄短小で刹那な嘘っぱちな生き方しかしらないお子ちゃまの戯言。



膨らんだ薄っぺらい風船を針で突つけば、すぐにパンクして吹っ飛ぶような、上っ面の小細工だけの説教で、人間の生き様が変わるようなら、それこそ、人間の価値なんてゴミや埃と同様、吹けば飛んでしまうような虫けらと一緒さ。


気を変えるためには、心が必要。


その心を変えるためには、意志が必要。


強い、強い、意志。


意志とは、決意。


毎日を生きる事。


「意」を生き様に変えれば、「気」に届く。


人間こそ、全知全能の創造主。


そこに必要なもの・・・。


見えざる心の錬金術。


その触媒とは?


錬金術を可能にする触媒。


賢者の(石)意志。


あるよ・・・確かな哲学。




本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*