現実に見える世界に真実はない。見えぬ世界に真実が実在する。

現実に見える世界に惑わされて、愚か者として生きる。


堕落した生き方とは、現実に見える世界が全てなんて言って生きている奴。


そんな奴は、もはや未来のために今を生きる「人間」とは言わぬ。


真実を見ようとせず、嘘と方便に塗り固められた、目に見える現実世界だけを真実として生きる愚かな者。


愚か者。


者じゃあないね。


物だね。


物が目に見える物に支配されて生きる者達。

そんな者達が、偉そうに人間を語りだしゃあ、人間の未来は、猿の惑星さ。


こんな奴が世界に蔓延れば、もはや人間を人間と呼ぶ必要はない。


猿だ。


家畜だ。


未来に猿が蔓延する世界は、誰が支配している?


きっと、妄想と空想の延長線上にある摩訶不思議なファンタジーな世界が現実となっているのだろう。


人間として生きる資格を失う物として存在する猿の世界。


見える世界に人間が生きるための道理など求めたところで、そこに真実を発見することはできない。


見えぬ世界に人間の生きる道理がある。


愚かで馬鹿な人間が求める短絡的な合理的主義の真実とは、人間が、より人間として生きることが不可能な非合理的主義なんだ。


「諦め」と「観念」のみので生きる者は、人間の中の未知の可能性を、不可能に導く。


愚か者。





本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(2) |-
コメント
僕と同じ考えです。僕はネットを通して新しい真実を作り現実社会とリンクさせたいと思います。
2012-01-19 木  12:16:32 |  URL | mowkun #- [編集]
ありがとうございます。 


> 僕と同じ考えです。僕はネットを通して新しい真実を作り現実社会とリンクさせたいと思います。
2012-01-21 土  05:21:00 |  URL | バン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*