病膏肓に入る:「変人」の領域を越えた「神」を「ゴミ」(塵)と呼ぶ

自分だけの偏った見方や狭い考えを「我見」という。


人間は、「神」になれるという。


人間は完全な創造物なんだという。


私利私欲を捨て、「我欲」に囚われず、執着せず、「無我の境地」を開きなさいと説教を垂れながら、自分自身に洗脳された思想の「我見」に執着する。


完全な創造物であるというはずの人間の、不完全な矛盾。


世間という中で、人間が生きる。


その中で、他者という存在を尊重できず、謙虚に学ばず、理解をしようとせず、自説のみが正しいと意固地になる。

人間の社会の中で、自説と他説の意見の調整や折り合いを付ける事さえできなくなる。


他者を否定する。


かたくなな様子。


人間がより人間らしく生きることから遠ざかる。


これを「我見」とは言うなり。



まあ、こうなると当然、人間社会の中から鼻つまみ者として、多くの人間が相手にしなくなる。



「病膏肓に入る」は、「やまいこうこうにいる」と読む。


なんだか難しいね。


簡単に言うと「救いがたい馬鹿」ということになるね。


人間は、神にも悪魔にもなれる。


確かにそう思う。


でも、神と悪魔とは、全く別な存在なのだろうか?


意固地な「変人」の領域を越えた「神」。


それこそ、「悪魔」と呼ぶにふさわしい。


「おれは神だ」という人間こそ、「悪魔の本性を現した人間の姿」だろう。


そんな「悪魔」と呼ばれる人間のことを、「煮ても焼いても食えないろくでなし」という。


病膏肓に入る「変人」の領域を越えた「神」は、「(カミ)」とは読まない。


「ゴミ:ごみ(塵)」と呼ぶ 。




本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*