幸せも不幸も紙一重:誰かの為に戦う人間は強い


2011年の今年の漢字、一字。

「絆」

当然、東日本大震災で、失われた多くの命、そして、被災された多くの人達。

「頑張ろう日本!」を合言葉に、復興の為に多くの人達の真心が、結集された。

人と人との確かなつながり。

真心の結集。

それは、人間と人間が、感じあうことが出来る見えない糸。

絆。

誰かの為に戦う人間は強い。

今年の目標は、笑顔だった。

本当の笑顔を取り戻せそうな一年だった。

とても充実していた。

でも、今、そして、これから後にも、先にも、決して忘れてはいけないこと。

謙虚さ。

報恩感謝。

今、生きている。

わたしにとって、今、こうして、生きているだけで丸儲け。

なのに、本当の笑顔の裏には、傲慢という悪魔が、きらりとわたしの汚い人間の本性を剥き出そうと、にやりと薄笑いを同時に浮かべてる。

幸せも不幸も紙一重。

一瞬。

己という人間の中に、確かに存在する傲慢さと、愚かさ。

己という人間を、生かすのも、殺すのもわたし自身。

人の言葉に左右される弱いわたし。

過酷な環境であればあるほど、わたしの強さの中に潜む傲慢が牙をむく。

わたしを地獄へと引きずり落とそうとする力が働く。

謙虚に生きる。

報恩感謝の真心が、わたしの中にも確かに存在する。


どんなときにも、誰かの為に戦える人間になりたい。

わたしにとって、私よりも大切な人の為に。

己の中にある汚いエゴ。

自分の為にしか、生きることが出来ない弱い人間達。

誰かの為に戦える人間は、素晴らしい。

『常に高潔な人間とは、富や名誉や肩書きなどに基づくものではない。

感謝に基づく報恩の大切さを知るものが、心から決意し、行動を起こしていくことが出来る人間のことである。

報恩の誠を尽くすことこそが、人間として真の生き方である。』



そこにあるのは、確かな絆。

誰かの為に戦う人間は強い。

そして、尊い。

今年も一年、ありがとうございました。

来年は、今年よりもさらにきっといい年になる。

昨日よりも、今日。 今日よりも明日。

「月々日々につよりたまえ」

強くて、尊い、確かな哲学。


本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント