全ての過去を『今』を生きる宝に変えることの出来る信仰


一体、己の過去とどこで折り合い、けじめを付ければよいのだろう。

負わされた過去。

自ら背負った過去。

負わされなければならなかった過去。

自ら負わなければならなった過去。

宿命というもの。

宿業といわれるもの。

親が死んでから?

親が生きている間?

子の苦しみ。

親の苦しみ。

親が与え続けた子への苦しみ。

そして、子が親へ続ける与える苦しみ。

もう、終わった。

生きている間にすべては終わった。

親の確かな愛情を探し続けた過去の記憶。

今、確かに愛されているという実感。

本因妙。

過去は、すべて清算された。

確かな過去の足跡。

私自身が生きてきた人生だ。

全てが、私自身の宝。

始まり。

今!



過去 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント