「奇跡」とは、起きるから「奇跡」と呼ぶ

言葉は、人間に不可能を可能にする力を与えることができる。


言葉自身に、価値があるわけではない。


言葉自身に、力があるわけではない。



言葉に価値と力を付け足すのは人間。



受け取る人間の中に、その言葉の持つ本質を引き出す力がある。


受け取る人間の中。




奇跡とは、起きるから奇跡という


これって、テレビドラマ「家政婦のミタ」の中の台詞だった。



奇跡とは、普通は絶対に起きない出来事が、そうなってほしいと願う人間の強い意志で起こる。奇跡は、起きるから奇跡と言います。自分には無理だとあきらめている人には、絶対に起こせません


こんな台詞。



たかが台詞、されど台詞。


わたしには、「されど台詞」なんだ!



奇跡という言葉。



奇跡という言葉がある以上、奇跡とは起こるものなのだ。




奇跡は起こらないから奇跡と呼ぶという人間もいるだろう。



そんな人間には、己の中の不可能の壁を打ち破るための限界を超える奇跡は、当然のことながら、絶対に起こることは無い。



奇跡は、起こるべくして起こる。



奇跡とは、偶然でも棚ボタでもなんでもない。


奇跡とは、必然的になせる業なのだ。



成功(天才)は、1パーセントの閃きと99パーセントの汗



99%助からないと言われても、残りの1%の奇跡を起こすために、決してあきらめない努力を続ける事。



不可能を可能にする努力をあきらめない所には、たとえその扉が閉じられようとも、扉が閉じられた瞬間に、次の不可能を可能にする扉を開くこと出来る。



わたしの父は、この世でたった一人。


今、わたしの中で奇跡を起こせる瞬間。



諦めない。



奇跡が起きることを信じるんじゃあない!



奇跡は、自らの力で起こすもの。


現実を真正面から受け止め、あきらめない気持ちと勇気をどこまでも持ち続け、絶対に逃げないと誓った私自身の力をどこまでも信じる。



わたしの中の不可能を可能にする奇跡。



わたしの境涯革命。



私という人間を変える事は、決して不可能なことではない。




懸命に自分の命と闘っている父。



わたしは、今、何が出来るのか?



わたしに与えられた使命。



果たさんかな。


意識不明の父。


父の奇跡を起こすのは父自身。



父とわたしの大切な時間。



互いの奇跡。



わたしの奇跡と父の奇跡。



セレンディピティは、偶然では無く必然的な努力の結果


「セレンディピティ」の獲得とは、常に、努力を怠らない中で、教わるものではなく、己の中からの「気付き」、「気がつくという力」である。




自らの幸福は、自らの力と勇気で勝ち取るもの。



お父ちゃん!


互いの奇跡を、互いに信じようね。


毎日、父の姿を焼き付け、心のスクリーンに刻む。


あなたは、あなたの奇跡を決してあきらめていない。



わたしは、わたしの中の不可能の可能にすることのできる奇跡をどこまでも信じる。



『人間万事塞翁が馬』


『生きているだけで丸儲け』



父の今の姿が、奇跡なのかもしれない。



こうして2度目の人生を生きているわたしの今の姿が奇跡なのかもしれない。




気が付く力「セレンディピティ」



人間の不可能の可能性にどこまでも挑戦する哲学。




賢者の石。

父へ  | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*