人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし


自分が何の為に生きているのかわからない。

「人に物をほどこせば我が身のたすけとなる。

たとえば、人のために火をともせば、我が前明らかになるがごとし」

(食物三徳御書)



自分の目の前に確かな明かりが灯せない。

父が大切にしていた大聖人御書の一節。

父の亡き後、私が「今を生きる」事。

その意味。

父が大好きだった「桜梅桃李」の言葉と共に、

「人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし」の御書の一節を父の遺言として、生きていきたい。

一人ひとりが仏の生命を持つ。

わたし自身の境涯革命。

今を生きることの意味。

明日を生きる価値。

今日を生きた証である私の過去の宝。

人間として生きる道。

人生。

人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし

桜梅桃李。

今を生きる。





人のために火をともせば・・・ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*