人間としての「器」:にっこり爽やかに笑って受け流せる


人間としてのまっすぐな生き方。

桜梅桃李。

悔しい思い。

一球入魂。

至誠、天に通ず。

どこまでも、とことん人間らしい生き方を求める。

より、人間らしく生きることに突き進む。

諦めない。

わたしが私らしく生きるために。

生きることに無駄なことは何もない。

今を生きるということが苦しい。

今を生きるということが辛い。

そして、今を生きるということが楽しい。

感謝と報恩。

誠を尽くす。

至誠、天に通ず。

人と人との人間関係において、クヨクヨして傷つくことが多い。

いちいち相手の言葉尻に目くじらを立てず、動じることなく、右から左に爽やかに、にっこりと笑顔で笑って受け流せる人間として器。

風のようにしなやかに、大河の流れのようにおだやかに。

幸せでありがたい。

幸せな気持ちをありがとう。

こんなわたしが、こうして今を生きていられる。

ありがたくてしょうがない

うれしくてしょうがない。

伝えたい。

この気持ち。

感謝の気持ち。

報恩の誠。

桜梅桃李。

今を生きる。



報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*