初心忘れるべからず:原点


初心忘れるべからず

わたしの歩いてきた道。

その後ろを振り返る。

毎日を生きていくことへの誓い。

その原点。

生きてるだけで丸儲け。

報恩と感謝。

常に、謙虚さを失えば、私が今を生きる価値は無い。

傲慢に生きた己の過去。

二度目の人生。

戻りたい。

戻らなければ。

今、わたしが生きている毎日の軌道は、原点とその先につながる確かな点へつながっているのだろうか?

確かな哲学をうしなってはいないだろうか?

わたしが、今を生きていることへの感謝と報恩の誠を尽くせ。

原点。

桜梅桃李。

「人のために火をともせば 我がまへあきらかなるがごとし」

だったね。


生き方 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*