【生きている】:怒りによって今を生きることが出来る信仰


激しく怒りの感情がこみ上げてくる。


どうしようもないほどの怒りに満ちた感情だ。


この「怒り」というエネルギーは相当のもんだ。


怒りという感情。


放っておけば、わたしの中で、どんどん暴走を始める。


でも、わたしは、心の中から湧いてくる今を生きているというこの現実に対してどうすることもできない怒りを鎮めようとは思わない。


無理やり心に抑え込もうとは思わない。


これが現実なんだ。


生きるということなんだ。


どうしようもなく見える現実。


私一人の今の力ではどうしようもない。


激しく高ぶる感情。


その怒りに我を忘れそうになって、現実という今を生きることから逃れようとするもう一人の自分。


諦めて放棄しようと滲み出てくるもう一人の自分。



自分の闘いだ。


葛藤。


一瞬、一瞬が格闘。


怒りの生命との格闘だ。


この怒りはマイナスのエネルギーではない。


今というこの瞬間を生きる。


そして、未来を変える大いなるパワー。


怒れ!


怒れ!


もっと怒れ!


己の生命。


信じる。


信じるための信仰だ。


怒りこそ、この信仰の醍醐味だ。


毎日が怒りによって、今日から明日へ。


喜びへと変わる。


妙法。


桜梅桃李。







信仰 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*