石ころをダイヤモンドに変えることの出来る錬金術:賢者の石


「それ」は自分ではどうすることも出来ない心の中にある大きなもの。

誰にでも、その「何か」を感じることがあるはず。

動かすことの出来ない何か。

己の意思では、動かない何か。

「何か」が私の生き方を動かしている。

私であるけれども、私ではない何か。

その「何か」とは何だろう?

その「何か」によって、私の生き方の傾向を形作ってきた。

私の過去の生き様は、その何かの足跡。

その「何か」というものが、生きてきた過去と現在を知ることによって知ることができる。

何かがあるということを知ることが出来る。

しかし、その「何か」の正体を知ることは、更に、特別な能力が必要なのかもしれない。

その特別な能力とは、その「何か」を知るために、その「何か」を得るために欠けている能力。

何かを知る人は、人生に生きる為の正確な羅針盤を得ることの出来る人。

人生の羅針盤を得ることのできる人生は、人間として確かな一歩を、人生の一歩まで歩むことができる。

人生の「羅針盤を得る資格」を得る為のその「何か」を求めるために必要なこと。


生命の錬金術を見つけること。

錬金術によって生命を黄金に輝かす「賢者の石」を見つける事の出来る法。

賢者の石。

桜梅桃李に今を生きる。




賢者の石 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント