桜梅桃李の哲学:生きて答えを出せる信心

「百聞は一見しに如かず」

「生きて見て」答えを出す。

それが私の信仰者としての道。

自分の生きる道を切り開くのだ。

自分の道は決して閉ざされてなどいない。


私の生きる道。


今を生きる。

その道。

信じる。

わたしの心。


妙法に南無することによって。


それが、私がわたしを生きるための桜梅桃李の哲学。


今ほど、信じることの難しさを感じる時代はないのではないだろうか?

己を信じることの難しさ。

自分の心を信じることが出来ないのに、なんで人の心を信じることが出来るだろう。

心というもの。

信じきることの出来ない己の心をどこまでも信じる事の出来るのは、妙法しかない。

自分の一生を自分らしく朗らかに、楽しく所願満足の人生を生き切りたい。

最高の信仰だ。

一番最短で自分を変えることが出来る桜梅桃李の哲学だ。

人に元気を与えた分、自分も元気になれる。

与えられる人間になれ!

私の心のコップから溢れた幸せを伝えることが出来る人間になれ!



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*