奇跡は起こるべくして起こる:心こそ大切なれ。

cyprus-1990939_640.jpg

奇跡は起こるべくして起こる。

一つもいいことがなかった人生。

その人生の全てが変わる。

生きる意味が全て変わるからだ。

人間関係のさらなる強化。

私が私らしく桜梅桃李に生きる道。

奇跡は起こるべくして起こる。

妙法。

今日一日、明日という日、そして一か月先、一年先の自分の姿を思い描いて、一念を込めて一日、一日を生きる。 

すべては、具体的な目的と目標設定をする事が必要だ。

予定によって全て私の人生設計を立てる事。

明日の為に、今を生きよう、そして、始めよう。

一か月先の為に今を生きよう。

家族の為に、誰かの為に生きよう。

自分の為に何をしよう。


全てに目的を持つことが大切だ。

何かを始めるための具体的なスケジュールを作ること、計画とは、目的と目標に沿ったものでなければならない。

誰かを意識せず、自分が自分を越え続けるための今の自分よりも高くなるための目標だ。

具体的で現実という今を生きるための目的と目標だ。

心こそ大切なれ

当たり前に生きるには、心が大事なんだ。

人間が人間らしく生きる事。

心こそ大切なれ。

その心。

人間が生きる。

私が生きる事。

私がわたしである為に生きることに必要なもの。


己の心を限りなく無色透明にする。

私が、わたしらしく生きられる。

桜梅桃李に生きられる。

妙法。

目からうろこの自己をしっかり確立させるための法だ。

無になることが楽しい。

無になれる生命。

生きることが当たり前になる。

苦しいことが全て楽しさに変わる。

変幻自在の無。

心を心で練り上げる。

心は瞬間にして、形を創りあげる。

創造だ。

心で心を鍛える。

自分の心を自由自在に操ることが出来る。

わたしの頑固さの秘訣。

自己を確立し続けることができるその秘密。

わたしが生きている間、答えの出ない答えを出し続けることに挑戦する。

それが私がわたしらしく桜梅桃李に生きること。

今を生きる。

人間が確かに生きるための頑固な鎧を身に着けることが出来る。

その頑固な鎧とは、現実を悠々自適に生き切ることの出来る法だ。

妙法に南無すること。

見えない「心」に、確かに生きる明かりが灯される。

だから、当たり前に生きるには、「心」が大事なんだ。

心こそ大切なれ。

己の桜梅桃李の道を生きる。

心は無限なる宇宙だ。

何でもできる。

何でもできる心によって、人間として現実を当たり前に生きることを可能にする。

当たり前に生きることの難しさに挑戦するのだ。

桜梅桃李。

今を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント