人間に悩みや苦しみなど最初からあり得ないのだ

人間が生きる上で、悩みや苦しみは必ずついて回るもの。

でも、本当はそんなものは最初から有りはしない。

無いのだ。

全ては無。

悩みや苦しみ、悲しみ、嬉しさ、喜び。

全ては、何も無い。

無いということは、始めから人間はただ生きることに専念すればそれで良い。

人が無になると、生きることが簡単になる。

今日があって、明日がある。

無になってはじめてわかる。

人間が存在するということ。

そこに人が生きるということ。

わたしが私らしく桜梅桃李に生きるという事。


妙法。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*